代官山にあるアーティスティックなヘアーサロン Hair salon in daikanyama Tokyo. art music relax fashion hair make up.


by kilicohair0204
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日々のお手入れ 其の二

こんにちは、宇津木です。



日々のお手入れblog、続きです。


みなさん、シャンプーは上手にできていますでしょうか003.gif

前回のブログもぜひ参考にしてみて下さい。



◎リンス.コンディショナー.トリートメント

→目的
シャンプーで落とした髪の油分を補うため
ただしシャンプー後にきしみ感がなければ使わなくても大丈夫です


→手順
①適量を手にとり、髪の毛先や中間部分など、傷みやすいところを中心に塗る
頭皮にすりこむことがないように

d0151827_18460432.jpg


②3〜5分ほど時間をおき、全体になじませてから、しっかりと流す
髪にぬめりが残っていた方が効果があると誤解して、あまり洗い流さない人がいますが、それはベタつきや頭皮トラブルのもとになってしまいます

d0151827_18460492.jpg


         
リンス、コンディショナー、トリートメント、どれかをつければ良いのですが、はて一体どれをつければ良いの?そもそも何が違うの?

という疑問、ありますよね。


全て髪に油分を補う、という点では同じです。

しかし厳密に言うと

リンスとコンディショナーは髪の表面を油分でコーティングします。

一方トリートメントはコーティングに加えて髪の内部に栄養素を浸透させ、ダメージを修復させる機能があります。

つまり、健康な髪にはリンス、コンディショナーが、ダメージヘアにはトリートメントが向いています。

リンス、コンディショナー、トリートメントは十分にすすいでも髪に必要な油分までは落ちないように作られているのでしっかり流しましょう。



ちなみに上の3つの他にも、つばき油、オリーブ油、ごま油!!これらは髪と相性が良い油なので、使えるようですよ。

ごま油は、少し勇気がいりますね。。私は、遠慮します笑。



◎ドライヤー

→手順
①タオルで髪についた水分を吸い取る
強くこすったり、引っ張ったりせずに優しく挟むように

d0151827_18460462.jpg


②中間〜毛先にかけてオイル等の整髪料をつける
髪をドライヤーの熱から守ります

d0151827_18473674.jpg



③ドライヤーを頭から15センチほど離して、髪ではなく頭皮から乾かす
指で髪を持ち上げ、頭皮が見えたらそこへ向かって風を送る1カ所に当てたらすぐ次の場所へ移動し、またすぐ次の場所へ。このように間隔をあけながら全体をまんべんなく乾かしていく。


d0151827_18473652.jpg



温風の温度が高すぎず、風量の多さで乾かすのが良いです。


髪を洗った後いつまでも乾かさずにおいておくと、常在菌が繁殖してにおいのもととなったり皮膚がふやけてフケが出やすくなります。

さらに、乾かさないで寝てしまったりすると、、、!

寝返りを打つ度に髪がこすれて痛みの原因に。



つまりは髪を洗ったら、早めに乾かしましょう。





いかがでしたか。



意外と知らないアレコレ。


次回は髪の悩み別に私が勉強したことを書きますね。



参考文献 『おとなのヘアケア読本』



それではお店で元気にお待ちしております!


stylist akiko utsaugi

by kilicohair0204 | 2015-10-22 13:32 | akiko utsugi | Comments(0)